【50代女性】普段使いピアス・イヤリングの選び方!似合うアイテムを見つけるコツは?

【50代女性】普段使いピアス・イヤリングの選び方!似合うアイテムを見つけるコツは?

「50代になり今までのピアスが似合っていないような気がする」「好みのピアスがなんだかしっくりこなくなってきた…」「自分に似合うピアスの選び方が分からない…」と、普段使いのピアス選びに悩む50代女性の声をよく聞きます。

50代女性の普段使いには、品質がよく主役と脇役のメリハリがきいたピアスを選ぶのがおすすめです。

ピアスはサイズがないため、年齢に応じてアップデートしないままでいると似合わなくなったりしがちです。とくに若い頃に買ったピアスは、”今”のあなたに合っていない可能性があります。

この記事を参考に、今のあなたにピッタリなピアスを探してみてください♪

あわせて読みたい

普段使いのピアス・イヤリング選びのポイント

チュミアの【S925/18K】ドロップモチーフ4連ピアス着用

結論、50代の普段使いのピアス・イヤリング選びは、主役と脇役の使い分けと品質の良さがキモです。

主役ピアスで自分らしさを表現するには「遊び心」のあるデザインやサイズのメリハリを利かせた新しいデザインを。失敗を避けるにはプチプラでも品質の良い、高コスパなアイテムを選ぶのがおすすめです。

以下、詳しくポイントを解説します。

ポイント1.シンプルなデザインはサイズにメリハリをつけて選ぶ

「アクセサリーは歳を重ねるほど大ぶりなものが似合うようになるため、50代になったら今までよりも少し大き目なデザインを選ぶようにするのがおすすめ」

というのが、アクセサリー屋の常套句です。

たしかにネックレスや指輪に関しては、筆者も「歳を重ねるほどボリュームアップを」とおすすめしています。ただ、ピアスは帽子やネックレスなど他の小物の脇役として使うケースも多いので、役割に応じた大きさを選ぶのがポイントになります。

50代女性がネックレスも指輪もピアスもと、何もかもを大型化してしまうと華美になりすぎて品を失ってしまいますので、足し算や引き算でメリハリを効かせるのがおすすめです。

個性的なピアス・イヤリングは小さくても存在感が出せるため、小ぶりでもネックレスとテイストを合わせて全体のボリュームも上げるというのもおしゃれです。

反対にシンプルなピアスはサイズアップすることで、華美になりすぎずに個性を演出できるでしょう。

大振りピアスやイヤリングは、シンプルなファッションのアクセントに便利

チュミアの【S925/18K】ドロップライン一粒シェルパールピアス着用

大ぶりで奇抜なピアスはつけるのに勇気がいりますが、大ぶりだけれどシンプルなカタチのピアスやイヤリングは、いつものコーディネートをぐんと格上げしてくれます

いつもプチピアスばかりで、あまり大きなピアスをつけてこなかった方は、シンプルなものから大型化にチャレンジしてみてください。

前述のように50代になると華やかで大きなアクセサリーが似合うようになりますので、コーディネートのアクセントとして、今までより大きなイヤーアイテムを取り入れると顔まわりが華やかになりますよ。

大ぶりなピアスは視線を上にあげてくれるので、スタイルアップにも役に立ちます。

顔周りをパッと華やかにするおすすめの大ぶりピアスを集めました♪

おすすめの大ぶりピアスはコレ!

スクロールできます
大ぶりピアスのおすすめ一覧を見る ≫

他アイテムが主役の日は上質でさり気ないデザインが正解

アクセサリーがファッションの主役ではない日なら、控えめでも上品なピアスを身につけて、全体の品格を上げましょう。

プチピアスならゴールドやプラチナといった素材でも比較的お財布に優しいですし、プチプラピアスならチタンやステンレス、SV925といった素材から選ぶのがおすすめです。

小さくても素材のいいアイテムは、脇役としてそっと人の印象に残るもの。一粒石などのプチネックレスはその日の洋服や小物のカラーに合うよう揃えておくと◎

人気のチタン素材ピアスはこちら♡金属アレルギーさんにもおすすめですよ。

今売れてる人気のチタンピアスはコレ!

スクロールできます
チタンピアス一覧を見る ≫

50代のピアス・イヤリングはおしゃれのバロメーター

チュミアの【18K】6連淡水パールイヤリング着用

50代は装飾品をつける人とつけない人が二極化します

アクセサリーをはじめ、おしゃれ自体に興味がなくなり一気におばさん化が進む人と、いつまでもおしゃれで女性であることを楽しむ人、大きく道が分かれる世代といってもいいでしょう。

50代になってもアクセサリーへの探究心がある人は、年齢を重ねても気品を失わず、品よく歳を重ねられる人。同世代の知り合いがおばさん化していく中でアクセサリーへの興味を失わないあなたは、アクセサリーが趣味だと言ってもいいでしょう。

趣味としてある程度お金をかけるのも楽しいし、プチプラで冒険するのも楽しいもの。

プチプラで冒険して気に入ったテイストが見つかった人は、ハイジュエリーを手に入れてもいいですね◎

ピアスやイヤリングはサイズの変化を気にせず身につけられますし、他のアイテムに比べて安価でいいものが手に入ります

あなたらしい方法を見つけて、生涯アクセサリーを楽しんでください。

ポイント2.個性的なデザインは高見えする素材から選ぶ

チュミアの【S925/18K】シェルパール×ジルコンチェリーミニピアス おしゃれの場数を踏んだ50代女性は、自分に似合うテイストをよく知っています。いい意味で人の目を気にせず人から何か言われても受け流せるため、あなたがいいと思った表現を試してみてください。

ただ、50代という年齢も考慮すると、チープな印象は避けたいもの。個性的なアイテムは視線を集めるため、一定の品質はキープするのが鉄則です。10代の女の子がつけるようなポップ調の樹脂製ピアスなどは、おしゃれ上級者でないとつけこなすのが難しいでしょう。

全身から見るとピアスは小さいパーツなので、個性的なアイテムを身につけてもチグハグな印象になりません。

いつも同じようなファッションに落ち着いてしまう人は、ピアスに個性を持たせて抜け感を出してみましょう。

ピアス・イヤリングはさり気なく個性を出せるアイテム

前述のように、ピアス・イヤリングは個性を出しても周囲から浮くほど目立つものではないので、さり気なくあなたらしさを表現してみてください。

いつものファッションでもエッジの効いたアイテムが顔回りにあるだけで、垢ぬけて見えます

大人になるとつけづらくなる可愛らしいモチーフが好きな方は、洋服やバッグには取り入れにくくても、ピアス・イヤリングなら気軽に身につけられます。

特定のキャラクターが好きな方も、ピアスやイヤリングなら取り入れやすく、テンションも上がりそうですね♪

さり気なく個性を出せるピアス・イヤリングを選んでみましょう。

ユニークなデザインほど素材や仕上げを重視する

チュミアのフープタイプのイヤーカフ

あなたの個性を表現できるピアスやイヤリングをみつけたら、本当にあなたの品格にふさわしいクオリティがあるのかを厳しい目でチェックしてください

デザインが良くても、石留めや仕上げが甘いアクセサリーを50代女性が身につけると、あなたがせっかく積み上げてきた気品を損ないます。

プチプラピアスでも仕上げにこだわったアイテムは見つかります。

いろいろなショップを見て回り、ショップによる品質の違いを把握しておきましょう。

髪色に合ったカラーで調和させると高見えする

コーディネートを垢ぬけさせるには、ヘアカラーとの相性も大切な要素です。グレイヘアやシャンパンカラーに挑戦する50代女性も増えてきています。

髪色がガラリと変われば似合うピアスやイヤリングのカラーも変わるため、手持ちのアイテムをアップデートしてみましょう。

一般的には以下の組み合わせが映えるとされています。

CheckPoint
  • グレイヘアには鮮やかな有彩色
  • 明るい髪色にはゴールドやブラック系
  • 暗い髪色にはシルバーやホワイト系

髪色だけでなく、髪型によって映えるピアスも変わりますので、こちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい

ポイント3.着け心地を重視して選ぶ

チュミアの【S925/18K】シンプルワイヤーフックピアス着用

「おしゃれは我慢」なんていう言葉もありますが、50代になれば着脱に手間がかかるアイテムや着け心地の悪いアイテムは避けたいもの。

50代では肩こりや老眼など、身体的な事情からピアスのキャッチを入れるのが難しくなるというケースも出てきます。ムリをしないことがおしゃれを長く楽しむための秘訣ですので、ストレスなく身につけられるアイテムを選びましょう。

着け心地のいいアイテムを身に纏うことは心の余裕にもつながります。

更年期はアレルギー症状が悪化しやすい

更年期を迎えた女性は、ホルモンの乱れによってさまざまなトラブルに見舞われます

自律神経の乱れから免疫系のバランスが崩れ、金属アレルギーを発症してしまうリスクが高くなるため、アレルギーになりやすい金属は避けましょう。

金属アレルギーの原因になりやすい金属はニッケル・クロム・コバルトで、ニッケルはメッキの下地に使われることが多く、クロムは革製品に多く用いられます。

金属アレルギーになりにくい金属は、チタン・SV925・サージカルステンレスなど。とくにピアスは金属アレルギーを発症しやすいため、金属アレルギーを発症しにくい金属でできたものをおすすめします。

今までつけていたピアスでもかゆくなってしまった場合は着用を中止し、ピアスを持って医療機関を受診してください。

重いピアスはピアスホールに負担がかかる

重いピアスをずっと身に着けていると、ピアスホールが伸びてしまったり、最悪の場合耳たぶが裂けてしまったりするケースがあります。

また、片側だけに重いピアスをつけることで身体が歪み、頭痛や肩こりの原因になる可能性もあるため、大きなものほどチタンなど軽い金属でできたピアスを選ぶのがポイントです。

長年ピアスをつけている人ほど、知らず知らずホールに負担をかけている可能性があります。

なるべく軽いピアスを身につけ、ホールの状態をチェックするようにしてください。

自分にあった形状のピアスを楽しむ

ピアスやイヤリングの形状によって身につけやすさが変わるため、自分に合った形状のピアスを選びましょう。たとえばキャッチタイプのピアスが煩わしいと感じる人は、引っかけるだけのフックタイプにすればストレスなくつけられます。

イヤリングにはマグネット式やバネ式などがあるので、耳たぶの厚みによってお好みのものを選んでください。

イヤーカフは近年デザインが豊富になり、ピアスのように場所を選ばずつけられるため、おしゃれの幅が広がります♪

イヤーカフも耳が痛くなりにくいのでおすすめです。

普段使いにおすすめのピアス・イヤリング6選

チュミアのオイスターモチーフシェルパールピアス

50代女性の普段使いにおすすめなピアス・イヤリングをご紹介します。お手持ちの洋服やネックレスを思い浮かべて、組み合わせを想像しながら選ぶとより使い勝手のいいものを見つけられるでしょう♡

前半3点はピアス、後半3点はイヤリングをご紹介しています!

1.【S925】ニュアンスサークル×1粒淡水バロックパールピアス

<再入荷予定あり>【S925/18K】ニュアンスサークル×1粒淡水バロックパールピアス

艶消しマットな質感のゴールドとバロックパールが、上品で落ち着いた輝きを演出してくれるピアスです。マットゴールドは耳元に程よいボリュームがあっても華美にならず、しっとりと落ち着いた色味が大人の肌にもよく合います。

パールをつなぐ金具にワイヤーをひと巻きしてあるなど、細部まで手の込んだデザインは、大人の女性をもうならせる仕上がり。

シルバーカラーも必見ですので、一度ショップを覗いてみてください。

2.【S925/18KGP】シェルパール×ジルコンチェリーピアス

【S925/18K】シェルパール×ジルコンチェリーピアス

大人かわいいチェリーピアスです。可愛いのに大人でも身につけられるポイントは、シェルパールの上質な輝きとジルコニア。大小異なるマーキスカットを品よくデザインすることで、ぐっと淑女なイメージを出しています

シェルパールは本物のパールと見分けがつかないほど質の良いものです。

汗や水にも強いため、つけるシーンを選ばず身につけられるのも嬉しいですね♪

3.【S925/14K】天然バロックパール9連ビッグフープピアス

小粒なパールを連ねた上品な印象のフープピアス

どこかエスニックな雰囲気も感じさせるフープピアス。片耳に9個もパールを使っており、華やかで遊び心のあるデザインです。程よくボリュームがあるので、フェイスラインのエラの張りでお悩みの方にもおすすめ

本体とキャッチが一体化しているので紛失の心配が少なく安心です。

4.ニュアンスプレート×1粒淡水パールイヤリング

耳に負担の少ないクリップ式イヤリング

ニュアンスたっぷりなゴールドとナチュラルな淡水パールが好相性のイヤリングです。揺れるパールの可愛らしさを、マットな金具が落ち着かせてくれるので、大人も上品に身につけられます。

同デザインのピアスもありますが、こちらはイヤリングタイプ。金具が目立たずピアスっぽく身につけられるので、とてもおしゃれに見えますよ♪

イヤリングを長時間つけていると、どうしても耳が痛くなりがち。

こちらのイヤリングは挟む面が広いため、痛みも軽減されると思います♡

5.【18K】3連パールイヤリング

【S925/18K】3連パールピアスのイヤリングver!

ほどよいボリューム感と品質の高さがインフルエンサーの間でも大人気のイヤリングです。ボリューミーですがプラスチックパールを使って軽く仕上げているのでつけ心地も上々♪普段着でも顔回りがパッと明るくなり、女性らしさ全開でお出かけできます。

パール上で輝くK18コーティングのライン金具は、さり気なく上質感をアップしてくれる名脇役。

細部まで手を抜かないことが、大人が身につけても恥ずかしくないプチプラの条件です♪

6.【S925/14K】きゅんハートイヤリング

手書きのようなハートマークが可愛いノンホールピアス

まるでピアスのように身につけられるイヤリングです。繊細なラインで描かれるハートは大人でも可愛くなりすぎずつけられます。帽子やスカーフ、ネックレスといった小物が主役の日には、イヤリングを引き算して計算されたおしゃれを楽しんでください。

カラーはシルバー・ゴールド・ピンクゴールドの3色。

よく着る洋服のカラーや肌の色に合うものを選んでくださいね♡

50代の普段使いのピアス・イヤリングに関するQ&A

チュミアの【S925】艶消しカーブピアス着用

50代女性のピアスやイヤリング使いで、よくあるお悩みについて解説します♪

今からピアスに挑戦したい人や、50代に相応しいピアス・イヤリングの品質について困っている方は参考にしてください。

50代でファーストピアスを開けても問題ない?

50代でファーストピアスを開けても問題ありません。学生の頃は禁止されていて、会社でもあまりピアスを開けている人がいなかったため、ピアスホールを開けたいのに開けられなかった人が50代を機に退職して、ピアスを楽しんでいるというのはよく聞く話です。

注意していただきたいのは、傷の治りが若い頃より遅くなっているため、ピアスホールが完成するまでの間にトラブルに見舞われやすいことです。

耳たぶに開ける場合、病院で開けてもらい清潔にしていれば、通常3ヶ月~半年からほどで安定してきますが、さらに長くかかる可能性もあるでしょう。

安定するまでは毎日のケアが大切なので、清潔を保つようにしてください。

50代でプチプラのピアスはイタいと思われる?

見るからにチープなプチプラアイテムは50代にはNGですが、プチプラに見えない品質で安価なピアスは多くあり、そういったピアスは高見えするためイタいとは思われません。

雑誌に載っているような数十万円のピアスではなくても、コーティングや仕上げにこだわったプチプラアイテムなら、じゅうぶんに上品で華やかなコーディネートが叶います

むしろ、数万円の10金や14金の繊細なピアスより、数千円のプチプラピアスのほうが豪華に見えて、50代女性にピッタリなボリュームのピアスが見つかることも。

ボリュームのあるプチプラアイテムは年齢を重ねた女性がつけるほど高見えしますので、上手に取り入れてみてください♡

大人のための高見えアクセサリーブランド
- ChooMia(チュミア) -

  • 金属アレルギー対応アクセサリーが豊富!
  • 全国TV/人気雑誌掲載など今SNSで話題!
  • 新規会員登録で全商品15%OFFに!