【20代女性】 普段使いアクセサリー選びのコツ 人気のアイテムもご紹介♪

【20代女性】 普段使いアクセサリー選びのコツ 人気のアイテムもご紹介♪

学生時代は好きなアクセサリーを自由に選んでいたけど、20代になり社会人へとステージが変わり、どんなアクセサリーを選べばいいのか迷ってしまうというお悩みを聞きます。結論、20代の普段使いのアクセサリー選びは「大人らしさ」と「値段と品質のバランス感(高コスパ)」がポイント

20代のあなたは、まだ自分探しの途中です。背伸びして高価なハイジュエリーを買ったとしても、30代、40代になるころには、好みも変化しているでしょう。

プチプラで高品質なものを選べるようになれば、大人になった自分に似合うアクセサリーを見る目が養われます。今はあまりお金をかけずに色々なアクセサリーを身につけてみましょう

今回は20代女性が普段使いするアクセサリー選びのコツをご紹介します。

20代の普段使いアクセサリー選びのポイント

イニシャルサークルステンレスネックレス

20代の普段使いのアクセサリー選びのポイントは「大人らしさ」と「コスパの高さ」です。

とくに、「大人らしさ」は年齢に合ったデザインを選ぶことと、高見えする上品で質のよいアクセサリーを選ぶようにしましょう。

選ぶポイントは以下の3つ!それぞれ詳しく解説します。

20代の普段使いアクセサリー選びのポイント<

ポイント1.好み×似合うテイストで選ぶ

シリンダー&ロープチェーン2連チタンネックレス

似合うアイテムはプチプラで探すのがおすすめです。20代女性は、スキンジュエリーのように小ぶりなアイテムも似合う世代。

プチプラでもデザインがシンプルで、素材にこだわったものは子供っぽく見えません。まずはプチプラで自分にどんなものが合うのかを探し、しっくりくるテイストを見つけてからハイブランドデビューするとムダなお金がかからないでしょう。

テイスト違いでプチプラを試して、自分の中のレギュラーを決めよう

自分に合うアクセサリーが見つかるまで、テイストの違うアイテムを試してみましょう。プチプラでいろいろな長さ、カラー、幅などを変えてつけているうちに、あなたに一番しっくりくるアイテムが見つかります。

ベストバランスがわかればハイジュエリーでも失敗知らずなので、高いお金を払っても結局あまり使わなかったという失敗が防げます。

では、具体的にどんな基準でプチプラを試していけばいいのかというと

  • 指輪・・・似合う指、最適な幅、V字やウェーブなど指輪のカタチ、似合う色
  • ネックレス・・・よく買う洋服のネックレスラインに合う長さ、鎖骨とトップとの位置、ネックレス自体のボリューム
  • ピアス/イヤリング・・・ピアスホールを開ける位置、開ける数、ボリューム、色

といったポイントに注目してみましょう。似合うアイテムは人によって違います。

「私の指にはこんなカタチの指輪が似合うんだな」「お気に入りの洋服とバランスのいいネックレスの長さは45cm」といったように、あなたにピッタリなアクセサリーの情報を集めるには、ある程度の数をつけて比較する必要があります。

20代のうちに安くて可愛いプチプラアクセサリーを賢く利用しましょう。

プチプラ使いを極めると、本当に似合うハイブランドジュエリーが探せる

20代はご褒美ジュエリーと毎日アイテムにメリハリをつけ、いいものを見る目を養っていきましょう。シンプルな一粒石ネックレスなどは30代、40代でも使えますので、ベストバランスが見つかれば貴金属にも挑戦してみてください。

20代から定番アイテムは貴金属で少しずつ集めていき、普段使いはプチプラにすれば、30代以降にいいジュエリーを買う際の指標ができます。

いいものを買う前に、同じようなデザインのプチプラアイテムをつけて、大きさや着け心地を試してみるのがおすすめ。

ポイント2.高見え素材で選ぶ

淡水バロックパールマンテルネックレス

プチプラでも、素材のしっかりした高見えアイテムは子どもっぽくなりません。高校生っぽくならないためにも、プチプラとはいえ高見えする素材選びは大切です。

K18メッキやロジウムメッキなら、見た目は貴金属と遜色ない輝きがあり、気品のあるつけこなしができます。

貴金属製のアクセサリーはもちろん高見えして大人っぽく見えますが、頻繁に買えるものではありませんよね。また、奮発して高価なアクセサリーを買っても、20代と30代では似合うアクセサリーも変わってきます。

20代のうちは高見えするプチプラで十分。それより多くのアクセサリーを身につけて、高見えさせるスキルを磨くほうが大切です。

以下にプチプラアイテムを高見えさせるためのポイントを解説します。

メッキや仕上げにこだわったものを選ぶ

ニュアンスドロップモチーフステンレスネックレス

数百円からある安価なアクセサリーは商品説明に「合金 メッキ」とだけ書かれているケースがあります。こういったアクセサリーは素材がわからず、メッキも剥げやすい可能性があり、耐久性や金属アレルギーの観点からもあまりおすすめできません

また、真鍮製、銅製の指輪は指に色が移る可能性もあるので、土台の金属はSV925やステンレスなどにしておくと安心です。

また、指輪は傷がつきやすいので、しっかりとメッキされていないものはあっという間に剥がれてしまいます。

つけっぱなしにせず、一日の終わりに優しく拭いておくことが、高見え&長持ちのコツです。

変色したアクセサリーは一気に質が悪く見える

モチーフの一部が黒ずんでいたり、チェーンの一部が変色していたりするアクセサリーは、一気に安物感が出ます。水分がついたままの保管や、肌に頻繁に触れる部分は黒ずみを招く原因になるため注意が必要

同じメッキでも、質のいいものと悪いものではもちが違います。プチプラアクセは「素材:ステンレス K18メッキ(GF)」など、商品の素材が詳細に記載されているものから選ぶと安心です。

メッキである以上は剥がれを完全に防止することはできないので、長持ちさせたいならステンレスやチタン製のアイテムがおすすめ。

ステンレスやチタンは仮にメッキが剥がれても、色の変化が目立ちにくいです。

ポイント3.ディティールで選ぶ

半月モチーフプレートパールネックレス

一般的に大人っぽさと子どもっぽさをわけるのは、色や形、素材といった要素です。食器や文房具などの小物でも大人になるほどシンプルで単色使いのものが多く、子どもは原色でカラフルなものが多いですよね。

また、ガラスや糸といった繊細なものは大人が使い、プラスチックや樹脂といった丈夫な素材は子どもに多いもの。アクセサリーでも基本的には同じです。

20代は大人の女性の入り口なので、どちらの素材も楽しめますが、会社などでは少し大人っぽい装いのほうが受け入れられやすいため、TPOによって使いわける必要があります。

大人っぽさを取り入れるには以下のポイントを意識してください。

大人っぽくみせるなら、カラーを控え目に

金属単体(地金ジュエリー)や、金属×透明石の組み合わせは大人の女性の定番アイテム。逆に原色使い・多色使いは幼く見えてしまいます。地金ジュエリーやパールなど落ち着いたアイテムの使い方を覚えれば、大人の女性の仲間入りができます。

ダイヤやジルコンなどはオンオフどちらでも使いやすくおすすめです。

30代になると原色・多色はつけづらくなってしまうので、20代の特権としてオフの日に楽しむのもアリです♪

フレッシュさをアピールしたいときは色調大人なマルチカラーを

ファセットカットスクエアガラスキューブリング

マルチカラーでも原色よりパステル調の淡い組み合わせなら、子どもっぽくなりすぎません。赤よりピンク、青より水色を選ぶと若々しさときちんと感を両立したかわいらしさが出せるでしょう。

また、洋服のメインカラーと色味を合わせるとごちゃごちゃしないので、色石はクローゼットでよく見かける色から選ぶと合わせやすいです。ゴールドとシルバーは多色でも大人っぽく見えますので、コンビなどもどんどん試して、あなたの「好き」をたくさん発見してください。

ピアス・イヤリングなどで顔まわりにビタミンカラーをもってくるとフレッシュなイメージになります。ただし仕事中は華美になりすぎない小ぶりのものがおすすめ。

逆に落ち着いた印象を与えたいなら、パールや地金タイプを選んでください。

20代の普段使いにおすすめのアクセサリー3選

トリプルパールリング

20代の方が普段使いしやすいおすすめアクセサリーをご紹介します。大人っぽく見えるのは、デザインだけではなく仕上げにもこだわっているから。

いくらデザインがよくても、仕上げが雑だと子どもが背伸びをしているように見えてしまうので、20代でも幼く見えない上質な仕上げを施したアイテムの中から厳選してご紹介します♪

1.【18K】シンプルラウンドチタンネックレス

シンプルなプレートデザインのネックレス。

地金ジュエリーは大人っぽく見えてきちんと感もあるため、20代の方にもおすすめです。

写真はゴールドタイプですが、他にシルバーとピンクゴールドのカラーもご用意しています。

チタン素材は金属アレルギーの心配が少なく、スキンジュエリーのように毎日つけてもOKなのが嬉しいですね

普段のファッションに合わせたカラーを選んでくださいね♪

2.【18K】ダブルラインパールイヤーカフリング

存在感あるサイズのミニパール付きイヤーカフ

こちらはリングとしても、イヤーカフとしても使える2wayアクセサリー♡

流行中のイヤーカフですが、すぐ使わなくなるのではと躊躇していた方もリングとして使えるなら挑戦しやすいですね。

シンプルながら人と被らないデザイン性もあり、何気ないおしゃれにピッタリです♪

3.【S925/14K】アシンメトリーノットライン淡水バロックパールピアス

結び目が愛らしいノットラインの先に、淡水パールをあしらったスタッドピアス

よく見るとアシンメトリーなノットにセンスを感じるピアスです。ペアでつけても、片耳だけでつけてもOKな応用力が普段使いするのに便利で、ナチュラルな淡水パールがさらに可愛らしさを引き立ててくれます♪

ノットデザインは人との絆を結ぶラッキーアイテムとしても知られているため、お守り気分で身につけるのもおすすめです♪

20代の普段使いアクセサリーに関するQ&A

ラインストーンフープピアス

20代女性が普段使いするアクセサリーについてのギモンをまとめました。何から揃えればいいのか迷ってしまったら、一般的に20代に似合うアクセサリーから試してみてください。

20代に似合うアクセサリーは?

20代はスキンジュエリーのように、華奢なアクセサリーがよく似合います。胸元に小さい石を添えるだけでじゅうぶん美しいので、華美に着飾る必要はありません。

大振りで豪華なアクセサリーは年を重ねてからも楽しめますので、今しかできないおしゃれを楽しんで。少しボリュームを出したいなと思ったら、重ねづけをしてみましょう。

細めの指輪でみずみずしさをアピール

豪華な宝石がついたような指輪は迫力負けしてしまう20代。ふっくら、うるおいのある手をしているので、その魅力を邪魔しないような、華奢な指輪がよく似合います。一本でボリュームを出すより、重ねづけでかわいらしさをアピールしましょう。

幅の太い指輪をつけたい場合は、シルバー素材ならクールな印象に仕上がります。少しずつ色味が変化するシルバーのリングをゆっくりと育てていくのも醍醐味です。

手は年齢によって見た目の変化が大きく、似合うデザインやサイズが変わる可能性もあるので、20代で高価なものを買う必要はありません。

定番アイテムも普段使いの指輪はプチプラでOK。貴金属製の指輪はサイズ直しも可能だけれど、それなりに金額もかかるしデザインによっては難しい場合があります。

プチプラリングは、サイズ直しや再メッキが難しい代わりに価格が安く、いろいろなデザインを楽しめます。貴金属を一つ買うお金で10本以上の指輪が買えることもあるので、プチプラリングで似合う形やカラーをじっくり研究してください。

ネックレスは細いチェーンで短めが似合う◎

スクリューチェーンネックレス

ネックレスは顔回りに近いチョーカータイプや、鎖骨にかかるくらいのプリンセスタイプといった短めネックレスが一番似合う世代なので、35~45cmのネックレスがおすすめ。使い回しがきく定番モチーフはチェーンの長さが40cm以上+アジャスターがあるといいでしょう。

年代が上がって長めのネックレスをつけたくなったときに、チェーンの取り換えができるよう、チェーンとペンダントトップが分かれるタイプが理想です。

ステーションネックレスのように全周にデザインが入ったものは少し長めにしておくと、20代以降も活用できるでしょう。

ネックレスは貴金属であっても壊れやすいため、プチプラを数多く試すのがおすすめ。チェーンのコマのカタチも色々あるので、好きなタイプを探してみましょう。一例としてボールチェーンは幼く見え、スネークや喜平のネックレスは大人に見えます。

ピアスやイヤリングは地金タイプが大人っぽい

ムーンモチーフチタンピアス

樹脂製のピアスは幼く見えるので、金属製のピアスがおすすめです。モチーフものをつけるなら、モチーフのサイズは小さいほうが大人っぽく見えます。

ただしピアスは金属アレルギーになりやすいため、プチプラでも素材がはっきりしないものはNG。とくにファーストピアス・セカンドピアスにおすすめな素材はチタンです。

セカンドピアス以降はSUS316Lなどのサージカルステンレスもアリなので、あなたに似合う形や色を研究しましょう。

また、ピアスは他アイテムより価格の安いものが多く、数を揃えやすいので、普段使いの中でも仕事用とプライベート用で分けてみてはいかがでしょう。

プライベートな日に背伸びをしないでいい場所につけていくなら、ポップなデザインは20代の特権です。今しかできないデザインとしてプチプラで楽しんでください。

ピアスやイヤリングはサイズがないため、20代以降もつけられる定番モチーフなら、少し背伸びして貴金属製のご褒美ジュエリーを購入してもいいですね◎

一粒石やシンプルなパールのピアスは30代や40代でも使えるため、金属アレルギーがおきにくいPt900やK18といった素材から選んで長く使うのもおすすめです。

20代の普段使いに似合うスキンジュエリーを選ぶポイントは?

20代はスキンジュエリーなど小ぶりなものでも映えます。普段はプチプラアクセサリーを楽しんで、自分に似合う色やテイストを見つけましょう。

定番デザインはゴールドなどの価値ある金属をチョイスすると、30代40代になっても長く使えますので、いいものを買うなら定番のデザインから。

普段使いアクセサリーが欲しいけど何だか垢抜けない…

高校生?と思われないためには、プチプラの中でもいい素材を使ったアクセサリーを選ぶのがおすすめ。背伸びする必要はないけれど、本物や本物に近いアイテムを見る目を養っていく時期なので、安かろう悪かろうのアクセサリーばかりを身につけるのはおすすめしません。

普段使いにカラーアクセサリーは子どもっぽく見える?

大人らしくカラーアクセサリーを着けるにはアイテム選びがポイント。異素材(樹脂・糸・ガラスなど)を合わせたアクセサリーは配色に遊び心をもたせて、モチーフで落ち着かせると好バランスでつけられます。

20代はカラフルなアクセサリーもつけこなせますが、カラフルなアクセサリーは幼く見えがち。小ぶりなモチーフや、ほどよくデフォルメされたモチーフでバランスをとってください

大人のための高見えアクセサリーブランド
- ChooMia(チュミア) -

  • 金属アレルギー対応アクセサリーが豊富!
  • 全国TV/人気雑誌掲載など今SNSで話題!
  • 新規会員登録で全商品15%OFFに!