シルバーのアクセサリーはアレルギーを起こしにくい?アレルギーが出た場合の対処方法はある?

シルバーのアクセサリーはアレルギーを起こしにくい?アレルギーが出た場合の対処方法はある?

シルバー(銀)はアレルギーが出にくいって本当?

シルバーが金属アレルギーの出にくい素材というのは本当です。100%ではありませんが、シルバーはゴールドやプラチナについで汗などに溶け出しにくい金属。皮膚表面から吸収されにくいため、アレルギーの心配は少ないでしょう。
もちろんシルバーにアレルギーがある人もいますが、ニッケルなどと比べると人数は少ないため、他の金属でアレルギー反応が出た人でも反応しない可能性は大いにあります。

金属アレルギーがある人は身につけられるアクセサリーが限られますので、シルバーのアレルギー反応も気になりますよね。
実は、今までシルバー製品をつけてかゆくなったことのある人も、シルバーアレルギーとは限りません。一般的なシルバー製品には、シルバー以外の金属も使われるため、どの金属に反応しているのかを見極める必要があるのです。

今回は、アレルギーの視点からシルバーを解説します。現在アレルギーがない人にとっても、今後発症するリスクを下げるための参考として、ぜひ読んでみてくださいね。

そもそも金属アレルギーの症状とは?

金属アレルギーの症状には個人差があり、代表的な症状は金属が触れた部分に生じるかゆみや赤みなどですが、稀にじんましんや倦怠感など、全身症状が出るケースもあります。
金属が触れている部分に異常が出た場合は自分で気づいて対策することもできますが、全身性金属アレルギーの場合は原因が特定しにくいため、金属が原因だと気付きにくくなり、つらい症状に長く悩まされることも。

装飾品の場合は金属が皮膚に接触していた部分がかゆくなるなどして、わかりやすいケースが多く、症状も比較的早く出るようです。
歯科治療で口腔内に入れた金属からアレルギーを発症すると、指先など金属が触れていない部分に症状が出たり、倦怠感など一見アレルギーと関係なさそうな症状が出たりするケースがあります。

金属アレルギーについてより深く知りたい方は、こちらの記事で深く解説しています。

あわせて読みたい

シルバー(銀)はアレルギーを起こしにくい?

シルバーはアレルギーを起こしにくいため、アレルギーをもつ人は少ないですが、人によってはアレルギー反応が出ます。
アレルギーの心配がほとんどないと言われるチタンですら、反応する人はいますので、100%安全な金属というのは現時点では存在しません。
アレルギーを起こしにくいとはいえ、油断せず、もしもシルバーアクセサリーでかゆみなどを感じた場合は、念のため医療機関を受診してください。

しかし、シルバー製品をつけていてアレルギーの症状が出たとしても、合金やメッキされたシルバー以外の金属に反応している場合もありますので、はっきりしない場合は病院でパッチテストを受けるのも一案です。
シルバー製品の中には、アレルギーがある人の多いニッケルを含有するものもありますので、どの金属に反応しているのかをはっきりさせることが重要になります。
もしもシルバーではなくニッケルに反応しているのなら、メッキなしのもので、合金に銅を使ったスターリングシルバー製品を試してみてください。

シルバー(銀)を選んだのにアレルギーが出た!

シルバーを選んでも、残念ながらアレルギー反応が出る人はいます。ただし、アレルゲン(アレルギーをおこす原因物質)を特定できれば、他のシルバー製品ではアレルギーが出ないかもしれません。
反応している金属がシルバーなのか、シルバーに混ざっている別の金属やメッキに使われている金属なのかは検査しなければわかりませんが、原因として考えられる要因には以下のようなものがあります。

シルバー以外の合金に反応している可能性

シルバー製品の多くは、強度を上げるため、銀に他の金属を混ぜた合金です。
そのため、シルバー以外の金属に反応してアレルギーが起きるケースがあるのです。シルバーアクセサリーに見られる「925」という数字の刻印は、製品中92.5%はシルバーで、あとの7.5%はシルバー以外の金属が混ざっていることを表しています。
合金される金属には銅のほかにパラジウム、ニッケルなどがあり、シルバーにアレルギーがなくても、これらの金属に反応している可能性はあるでしょう。

まずは、使われている合金を確認する必要があります。とくにニッケルはアレルギーが出やすい金属ですので、ニッケルが合金されたシルバーは避けるのが無難です。
市場に出回る量の多いシルバー925の中でも、スターリングシルバーは、シルバーと銅の合金でできています。ニッケルアレルギーの人の場合、スターリングシルバーやシルバーの純度が高いシルバー1000(ピュアシルバー)なら、身につけられるかもしれません。
ただし、中にはスターリングシルバーと表記しつつ合金にニッケルを使用しているメーカーが存在する可能性がありますので、心配な場合は問い合わせを。

大ぶりの指輪などは、汗やムレからアレルギーに似た症状が現れるケースもありますし、汗をかきやすい夏場のみ合金に反応して症状が出るという場合もあるでしょう。
シルバー製品でかゆくなるなら、つける季節をかえてみたり、違うシルバーアクセサリーをつけてみたりすれば、原因の特定に役立つかもしれません。

メッキ加工に反応している可能性

メッキの表面はロジウムやゴールドなど、アレルギーの出にくい素材が使われているものの、メッキの密着性を高めるための下地にはニッケルが使われている場合があります。
前述のようにニッケルはアレルギーのある人が多い金属ですので、表面のメッキが薄くなるなどしてニッケルが皮膚に触れると、アレルギー反応が出てしまうでしょう。

主なメッキはロジウムとゴールドで、どちらもアレルギーの出にくい金属ではあるものの、メッキの下地に使われることの多いニッケルはアレルギーになりやすいため、長くつけるうちにかゆみが出る場合もあります。
メッキが原因の場合は、メッキされていないシルバー製品を選んでみてください。
再メッキができる場合は、アレルギーの出にくい金属でメッキを依頼するのも一つの方法です。

メッキ製品の中にはニッケルフリーやニッケルオフといったアクセサリーも販売されていますが、ニッケルの量が少ないだけで微量のニッケルが含まれている可能性はありますので、敏感な人は油断しないようにしてください。

シルバー(銀)でアレルギー反応が出た場合の対策

すでにアレルギー反応が出てしまった場合はどういった対策をすればいいでしょうか。
アレルギー反応には個人差があるため、まったくつけられなくなる人もいれば、季節限定でつけられる人、体調によってつけられる人もいます。
けれど、反応がゆるやかでもなるべくアレルゲンとは接触しない方がいいので、以下のような対策を検討してください。

シルバー以外の素材を選ぶようにする

パッチテストでシルバーにアレルギーがあると診断された人は、シルバー製品を身につけられません。
似たような色味のステンレス(サージカルステンレス)やプラチナなどは、アレルギーが出にくいとされていますので、相性のよい素材を試してみてください。

シルバー製品であっても、ロジウムコーティングされたものなら大丈夫という人もいます。アレルギーは個人差がありますので、体質に合う素材を探すことが大切です。
とはいえ、あなたの体質に合った金属で好みのアクセサリーが見つからない場合や、どうしてもつけたいお気に入りのシルバーアクセサリーがある人もいるでしょう。
そういった場合は、次にご紹介するコーティング剤を試すのはどうでしょうか。

コーティング剤を使用する

金属が直接肌に触れないよう、樹脂などでコーティングする方法もあります。コーティング剤は通販などで1000~2000円ほど。ドラッグストアなどでも取り扱っています。
コーティングが剥げると塗り直しの必要はあるものの、試してみる価値はあります。冬場など汗をかきにくいシーズンに塗って様子を見るのもいいでしょう。

コーティング部分に摩擦が生じると剥がれやすくなるため、ピアスのポストなどに塗る場合は、キャッチを金属製からやわらかい樹脂製のものに交換しておくと安心です。
コーティングしにくいチェーンネックレスなどは、タートルネックの上からつけられる長さのものを選び、肌に直接触れないようにするなどの対策も有効です。

シルバー(銀)でアレルギー反応が出る方におすすめのアクセサリー

色々な方法を試してみたけれど、やっぱりシルバーでアレルギー反応が出るという人に、シルバー以外のおすすめ素材をご紹介します。
金属アレルギーをもつ人の増加や技術の向上にともない、チタンやサージカルステンレスなど、アレルギーになりにくい素材を使ったおしゃれなアクセサリーは増えていますので、きっとお気に入りが見つかります♪

チタン素材のアクセサリー

チタンに18Kメッキを施したネックレス。ゴールドもアレルギーをおこしにくく、アレルギーが気になる人にも安心な素材です♪
ゴージャスなフィガロチェーンの先には、乙女心をくすぐるプチハート♡子どもっぽくならないバランスを維持しつつ、大人のキュートな一面を覗かせます。
短めチェーンは襟元を選びませんので、ドレッサーの中でつい手が伸びる、主役の一本になるでしょう。

バイカラーのフープを重ねたシンプルデザインピアス

チタンはアレルギーが出にくいだけでなく、軽いというメリットがあるので、大ぶりなピアスも軽やかにつけられます。重みのあるピアスは、どんなにお気に入りでもずっとつけていると痛くなってしまう人もいますので、チタンのように軽いアイテムはありがたいですね♪

ピアスはアレルギー反応がおきやすいアイテムですから、メッキが剥がれたとしても土台がアレルギーになりにくいチタンなら安心です♪アレルギーとつけやすさの、いいとこ取りをしてください!

1mm幅の繊細なデザインのシンプルニュアンスチタンリング

金属なのに、どこかふわふわとした空気感の漂うこちらのリングもチタンを使っています。
ゴールドタイプのメッキがK18なのも嬉しいポイントです。

大人の手元はシンプルに潔く。 一本でこのリングのニュアンスを楽しむのもいいですし、細身のリングを重ねてアクセントにするのもいいですね♪

サージカルステンレス素材のアクセサリー

14Kコーティングが上品な輝きを放つ十二星座モチーフのネックレス

サージカルステンレスはシルバーにアレルギーがある人にもオススメできる素材です。こちらは14Kメッキなのでゴールドカラーですが、ステンレスの元の色はシルバーと同じ銀色をしています。
つけっぱなしにしていてもアレルギーが出にくい素材ですので、お守りのように身につけられる星座モチーフを楽しんで♪

ジルコンの放つ輝きが美しいサージカルステンレススタッドピアス

シルバーカラーのシンプルなステンレスピアス。シンプルながら、よく見かけるピアスより一回りほど石が大きく、鮮烈な輝きを放ちます。
商品名に記載された「316L」というのはステンレスの規格で、サージカルステンレスと呼ばれるステンレスの中でも、316Lはとくにアレルギーが出にくいとされています。
流行に左右されないシンプルなピアスは、アレルギーを心配することなく長持ちして欲しいもの。316Lステンレスなら、安心して身につけられるでしょう。

サージカルステンレス3連フープピアス

こちらもサージカルステンレス316Lを使ったピアスです。メッキもアレルギーの出にくい18Kですので、ピアスでかゆくなってしまった経験のある人でも試してみる価値はあります。
どこかエキゾチックな雰囲気の漂う3連フープが耳元の印象を格上げしてくれるでしょう。
アップスタイルはもちろん、髪を下ろしていてもチラッと見えるボリュームですので、出番が多くなること間違いなしです!

プラチナ・ゴールド素材のアクセサリー

ゴールドは14Kコーティングを施したバタフライモチーフリング

14Kメッキが施されたこちらのリングは、表情の違うチョウチョが愛らしくいつまでも眺めてしまいそう。フリーサイズですので、その日の気分でつける指を選んでみましょう。
童謡のちょうちょという歌のように、指から指へと飛び回るチョウたちと一緒に街へ出れば、一日中フットワークも軽くなりそうですね♪

2ラインジルコンフープデザインステンレスピアス

土台がステンレスでメッキが14Kのピアスです。ぐるっと一周したジルコンが、あなたの動きに合わせて光を集めます。
石の輝きと金属の艶感、2種類の光のコントラストが目を引くデザインが、顔まわりをいっそう華やかに引き立ててくれるでしょう。

大人上品に仕上がるクロスニュアンスパールリング

一粒パールで女性らしさを演出しつつ、ひと癖あるデザインのリングです。人差し指など目立つ指に似合うリングで、人差し指は指導力アップの指といわれますので、リーダーシップを発揮したい日などに、お守り代わりに身につけてみてはどうでしょう。
パールで上品さを保ちつつ、カジュアルにもつけこなせますので、ファッションを選びません。迷ったらコレ!というお助けリングとして、お手元にあると便利です♪

まとめ

シルバーのアレルギー反応について解説しました。シルバーはアレルギーが出にくい素材ではありますが、合金やメッキに反応したり、まれにシルバーにアレルギーがでたりする人もいます。
絶対安全とは言い切れないものの、シルバー本体にアレルギーがない場合は、合金やメッキに使われる金属を変えることで身につけられる可能性があるでしょう。

どうしてもアレルギー反応が出るなら、コーティング剤を試すか、シルバー製品以外のアクセサリーを選んでください。プチプラでも、アレルギーの出にくい素材はありますから、あなたの体質に合った素材で快適なアクセサリーライフを過ごしてくださいね♪