【結婚式】お呼ばれゲストのアクセサリーマナーって?選び方からおすすめまで解説

【結婚式】お呼ばれゲストのアクセサリーマナーって?選び方からおすすめまで解説

結婚式にゲストでお呼ばれ!アクセサリーはつけるべき?

仲のいい友人や親戚の結婚式。お祝いしたい気持ちでいっぱいだけれども、どんな装いをしていいかわからない!
普段着慣れないドレスやアクセサリーを選ぶのは楽しいですが、マナー違反になっていないか、パーティーに相応しい格好なのか不安な人もいるでしょう。

結婚式のゲストにはその場を盛り上げる華やかな装いが求められるため、アクセサリーはつけた方がいいのですが、同時に主役の新郎新婦より目立つものは避けるのがマナー。

この記事では、ゲストがつけるべきではないNGアクセサリーや、着用OKなアクセサリー、おすすめのアクセサリーをご紹介します。
ゲストに相応しいアクセサリーの選び方を知っていれば、マナー違反を心配することなく結婚式に参列できますので、当日までにチェックしておきましょう。

結婚式でゲストが絶対にNGなアクセサリー

結婚式にゲストが身につけるのに相応しくないアクセサリーにはどんなものがあるのでしょうか。 商品がたくさんあって、どれがいいのか分からなくなってしまいがちなアクセサリーも、NGポイントを知っていれば選びやすくなりますので、一般的なマナーを含めてご紹介します。

花嫁を想起させるもの

白い色や会場で一番華やかなアクセサリーは、花嫁のためのものですので、ゲストは着用を控えます。デザインの一部に白が入るのは問題ありませんが、新婦より目立たないようにしてください。

結婚式のアクセサリーで迷ったらパールを選んでおけば間違いありません。
パールアイテムなら白でもOKなので、ネックレス・ピアス・イヤリングの3点をセットで持っておくと、結婚式だけでなく、お葬式や入卒業式などのフォーマルな場でも使えて便利です。

花嫁(主役)より目立つ派手なもの

また、ティアラや生花を使ったヘアアクセサリーなども花嫁のものとされるため、使用してはいけません。

昼間の結婚式では、ダイヤなどの光を反射する宝石は避けます。その他にも、豪華すぎる宝石や、輝きの強いアクセサリー、あまりにカラフルで目立つものは控えましょう。

花嫁さんのアクセサリーや衣装は当日までわかりませんので、誰が見ても派手だと感じない控えめなアクセサリーを身につけておくのが無難。ただし、目立たないようにと全身黒で固めてしまうのは、お葬式を連想させるためマナー違反です。
結婚式のゲストには、主役より目立つアクセサリーや服装にならないよう、華やかさと慎み深さを同居させたファッションが求められます。
ドレスが黒っぽいものなら、コサージュなどのアクセサリーはある程度華やかなものを選ぶなど、全体のバランスを見ながらコーディネートしてください。

カジュアルすぎるもの

樹脂などの素材で作られたカジュアルなアクセサリーは、例えブランド品や高価なものであっても見た人におもちゃのような印象を与えます。結婚式は新郎新婦の門出のパーティーですから、アクセサリーも品格あるものを身につけるようにしましょう。

コサージュやヘアアクセサリーはオーガンジーなどの上品な布製でも構いませんが、ネックレス・ピアス・指輪などは、パールやシルバー製など、ある程度フォーマルな場で身につけるのにふさわしい素材を選んでおけば間違いありません。
素材がシルバーであっても、デザインによってはカジュアル寄りと感じるものもありますので、誰が見てもオーソドックスなアクセサリーをつけるようにします。

殺生を想起させるもの

結婚式は宗教に関わらず神聖な儀式ですので、穢れを持ち込まないのがマナー。
生き物を素材やモチーフに使った小物は、たとえそれがフェイクであっても殺生を連想させます。革製品、ヒョウ柄などは当然避けるべきですし、ファー素材のコサージュやピアスなども避けるのが無難です。
こういった素材は殺生の想起だけでなく、カジュアルすぎて結婚式のアクセサリーとして相応しくありませんので、お祝いの席とは別のシーンで楽しみましょう。

ファーつきのボレロなどの小物については、近年着用する人が増え、意見が分かれるところではあります。しかし、ファーは殺生を連想させるうえに、抜けやすく、周りの人に抜けた毛がついてしまうという困った特徴が。
とくに格式高いホテルではクロークに預けておき、2次会で着用するなど、TPOに合わせた使い方をしてください。

時間帯を考えていないもの

結婚式は、午後5時から6時ごろを境に、装いのマナーが変わります。昼間の結婚式はあまり華美にならないよう配慮しますが、ナイトパーティーならアクセサリーも煌びやかなものを身につけて。

昼の結婚式ではパールが大活躍します。ネックレスだけでなく、イヤリングや指輪もパールを合せておけば間違いありません。パール以外なら、シルバーや肌馴染みよいピンクゴールドで華奢なタイプのアクセサリーを身につけましょう。
昼間は、キラキラしたアイテムが太陽の光に反射して写真の写りが良くないため、という理由もあるようです。結婚式ではたくさん写真を撮りますので、写真映えも意識してアクセサリーを選ぶのもいいですね。
結婚式はホワイトパールの他に、ゴールドパールでもかまいませんので、ドレスに合わせて派手過ぎないデザインを選びましょう。

夜の結婚式なら、ダイヤなど光の強いものもOK。アクセサリーに合わせて服装も艶やかに着飾りましょう。

腕時計

基本的に腕時計は身につけないのがマナー。パーティーに時計をつけないことで、時間を気にせずお祝いをする気持ちが表現されます。
終わりの時間を気にするという行為はマナー違反とされるため、どうしてもという場合はアクセサリーの代わりに、小ぶりで華奢なパーティータイプの時計を身につけるようにしましょう。
ブレスレットは着用してもかまいませんので、ドレスとのバランスで手首にアクセントが欲しいときは、ブレスレットで華やかさをプラスできます。

和装の場合アクセサリーをつけない

和装のアクセサリーは髪飾りのみというのが基本ですが、近年はパールのピアスなど、小ぶりなものを着けている人もいます。

着物の場合は帯や帯締め、バッグやぞうりなどとの組み合わせを楽しんでください。
結婚指輪と婚約指輪はつけてもかまいませんが、デザインによっては袖にひっかけてしまう可能性もあります。昔ながらの立て爪など、普段使いするのが難しいタイプの指輪は、着物を着慣れない人は外しておくほうが安全です。

結婚式マナーでOKのアクセサリー

ここまで結婚式でNGなアクセサリーを見てきましたが、「あれはダメ、これもダメ、一体どんなアクセをつけたらいいの?」という声が聞こえてきそうです。

実は、NG事例を外せば、わりと自由に結婚式のアクセサリーはつけても大丈夫というのが実情。

ただでさえ出費が重なる結婚式、持ち物にも予算にも限りがありますよね。NG素材などを外すことと、目立ちすぎないことなどポイントをおさえれば、結婚式のアクセサリーはプチプラで揃えても問題ないです。

主賓や親族の結婚式ではある程度フォーマルな装いが求められますので、アクセサリーも服装に釣り合う品質のものをつけたほうがいいでしょう。
けれど、一般のゲストとして参列する際には以下にご紹介するような、ちょっとしたお出かけ用と兼用できるようなアクセサリーでもかまいません。

表情の異なる上質な淡水パールのステンレスネックレス

パールはフォーマルな席でつけられる万能アイテムです。
結婚式でつけるなら、ブラックやグレーのパールは避け、ホワイトやゴールドカラーのものを選びましょう。

友人の結婚式に一般客として招待された場合などは、淡水パールでもOK。できるだけ形の揃ったタイプにすると、どの年齢の人から見ても違和感がありません。こちらはゴールドのチェーンも控え目で肌に馴染むため、問題ないでしょう。

ブラックも本来マナー違反ではありませんが、お葬式で着用されるケースが多いため、できれば避けたいもの。もしもひとつだけいいものを持っておくなら、結婚式でもお葬式でも使える一連のホワイトパールネックレスがおすすめです。

お葬式では二連・三連のネックレスはNGですので、これからネックレスを購入するなら丸いパールでシンプルな一連のものを選びましょう。

華奢・小ぶりデザイン

華奢で小ぶりなデザインは、手元を華やかに見せつつ主張しすぎない好バランスのものを選んで。小ぶりでありつつ、普段使いのアクセサリーと思われない華やかさを兼ねるデザイン。口でいうのは簡単ですが、実際選ぶとなると少々難しいもの。

たとえば、上記のブレスレットは金具がゴールドではあるものの、色面積が広くないため主張せず、バランス感もよく、ほどよいアクセントもあっておすすめ◎ 全周のパールが上品な華やかさを演出してくれますので、胸元とあわせてパールでまとめたいときに便利です。

パール以外でOKのアクセサリーは?


(完売)【日経WOMEN11月号掲載】二連チョーカーネックレス/¥2,290(税込)

パールアイテムは定番ゆえにみんなと同じになりがちです。宝石を使わずにシルバーアクセサリーでシックにまとめてもいいですし、パール以外の光を反射しにくい宝石で、華やかさを損なわずに個性を出してもいいでしょう。

丸は欠けるところも途切れるところもない、縁起のいいモチーフ。シルバーカラーはすんなりと肌に溶け込みますので、浮いてしまうこともないでしょう。二連タイプですので華やかさもありつつ、控え目な主張がちょうどいいネックレスです。
マナーを気にするあまりパールに頼りがちですが、せっかくの結婚式、自分のおしゃれも楽しんじゃいましょう!
隣の席の人と同じようなアクセサリーになってしまうぐらいなら、切り口を変えてモチーフでお祝いの気持ちをあらわすのもいいですね♪

もし宝石を使うなら、珊瑚や翡翠、ラピスラズリなどの不透明石が結婚式に向いています。ドレスと合わせてコーディネートしてみましょう。

パールアクセサリーのマナー

短いものの方が格式は高いので、親族や主賓として参列する結婚式では、40cmほどの一連パールネックレスをおすすめしますが、一般ゲストなら二連・三連のパールネックレスも華やかです。 淡水パールをつけるときは、なるべく形が揃ったものの方がカジュアルに見えません。バロックパールのように不均一な形のものは、見る人によって感じかたが異なりますので、式場の雰囲気なども考慮した上で着用するようにしましょう。 友人がメインのパーティーや2次会ではあまり気にする必要はありませんので、派手になりすぎないものを選んでください。

フェイクパール・イミテーションパールはOK

本物のパールが用意できない場合は、フェイクやイミテーションでも、落ち着いたデザインのものなら問題なくつけられます。イミテーションかどうか、ぱっと見ただけではわからないような品質のものも数多くありますので、予算を押さえて華やかさを演出しましょう。

たくさんのパールをあしらったネックレスなど、フェイクパールだからこそ叶うデザインのものを選ぶのも楽しみのひとつですから、上手に取り入れてコーディネートを格上げしてください。

白系のカラーを選ぶ

ブラックパールはお葬式でも身につけるため、マナー違反ではありませんができれば避けたほうがよいでしょう。ホワイトパールはあらゆるフォーマルシーンで着用できますので、最初に手に入れるなら白系カラーのパールがおすすめ。 ゴールドパールも華やかですが、大粒の豪華すぎるものは避けてください。粒の大きさが10mm以内であれば、ドレスとも馴染みます。

フォーマルでは真円のものがベター

親族として参加する結婚式や、主賓として正装していくのなら、ジュエリーも服装との格を合わせましょう。短めで真円のパールは格式が最も高いとされていますので、高級ホテルでおこなわれるような結婚式に重宝します。

逆に「平服で」と指定されている結婚式では服装も略礼装になりますので、NGポイントさえ外せばアクセサリーもあまり形式にこだわりすぎなくてOKです。淡水パールでもある程度形が揃っていれば、許容範囲といえるでしょう。

コットンパールは選ばない方がベター

コットンパールは名前にパールとありますが、主な素材はコットン(=綿)です。 本物を模したイミテーションやフェイクパールは真珠特有のテリなどもできる限り再現されており、一見すると本物との違いがわからないほどですが、コットンパールは表面のザラつきなどから容易に見分けられます。
カジュアルな結婚式ではあまり気にする人はいないかも知れませんが、つける場所を選ぶため、迷った場合は避けるのがベターです。

とはいえ主役の新郎新婦がレストランウェディングなどの堅苦しくないパーティーを希望している場合、あまり気にする人もいないでしょうから、式場の雰囲気などを考慮して上手に取り入れてみてください。

パールだらけになるのはマナー違反?

ネックレスにイヤリングに指輪もパールだと、くどくないかと心配になりますが、統一感があれば問題ありません
あまりにも豪華ですと花嫁より目立つという意味で控えるべきですが、パールアイテムでまとめるのはマナー違反ではないので、ドレスとのバランスも見ながらコーディネートしてください。
別々に購入したアクセサリーを組み合わせるなら、金具の色を統一するとちぐはぐな印象になりませんので、ゴールドかシルバーで揃えたほうがいいでしょう。

また、顔回りなどはとくにパールの色味が揃っているとまとまりが出ますので、今から揃えるならパールの色味にも注目してください。
セット売りなら色味はだいたい揃っていますが、パールといってもピンクより・ゴールドより・シルバーよりのものがあるので、別々のお店で購入するなら、合わせるアイテムを持参して見比べるようにしましょう。

結婚式で失敗しない選び方とおすすめアクセサリー

結婚式の時間帯だけでなく、ドレスによってもアクセサリーに求める色やボリュームは変わりますが、結婚式のアクセサリーで失敗しないためには、奇抜なものを避けるのが基本です。
ここからは、素敵なアクセサリーがたくさんあって迷ってしまったときに、失敗しない選び方と参考になりそうなアクセサリーをご紹介します。
どのアイテムも、オーソドックスなデザインと控え目な個性が結婚式にちょうどいいので、セットでつけたり、重ねてつけたりするのもおすすめです。

ネックレスの選び方とおすすめアイテム

アクセサリーの中でもネックレスは目に入りやすいアイテムです。ドレスが同じでもネックレスが違えば印象がガラリと変わるため、マナーを守ってあなたらしいネックレスを選びましょう。

ゆらゆら揺れるパールが魅力の半月モチーフパールネックレス

人と同じになりがちなパールでも、切り口を少し変えるだけで新しい印象になります。このネックレスはゴールドを悪目立ちさせずに胸元にアクセントを作ることが可能です。

二連や三連のネックレスはOK

正装を求められる立場(主賓・介添え人など)でなければ、二連・三連のネックレスでもOKです。中央のゴールドがポイントの淡水パールネックレスに同じゴールドチェーンのネックレスを組み合わせれば、華やかな印象を出しつつ、肌に馴染む控え目なカラーで落ち着いた雰囲気も損ないません。

他にもパールの二連ネックレスなどは華美になりすぎず、華やかな印象も出せるためおすすめです。カラフルなものや、大振りなものは目立ちすぎるため、色味やボリュームに注意して選びましょう。

短いネックレスのほうがフォーマル

ネックレスは首元に近いほうがフォーマルな場にふさわしいとされています。親族として参列する場合や主賓クラスのゲストとして招待されているなら、短いネックレスを身につけましょう。

夜ならダイヤや煌めくカットの宝石も

高品質なジルコンが首元を華やかに魅せるリヴィエールネックレス

夜の結婚式は昼間より着飾るのがマナー。花嫁より目立つものでなければ、光を反射するゴールドやダイヤモンドもOKなので、ゴージャスなファッションを楽しんでください。
こちらは、ナイトパーティーでも見劣りしない輝きがありつつ、デザイン的には控え目なので、花嫁より派手になるといった心配もありません。
昼の結婚式には少し輝きが強いため、夜の結婚式や2次会などのフランクな場で活躍するでしょう。

ピアス・イヤリングの選び方とおすすめアイテム

ピアスやイヤリングは顔回りのアイテムですから、メイクとのバランスを見つつ華美になりすぎないものを選んでください。

揺れるピアス・イヤリングでもOK

スクエア型のジルコンが上品に煌めく14Kコーティングフープピアス

あまり目立つものでなければ、揺れるタイプのピアスやイヤリングも身につけられます。
夜の結婚式なら、写真のように大きめなカラーストーンも映えますし、ドレスと色味を合わせてリッチな気分でお祝いしましょう。
レストランなどカジュアルな場所でおこなう結婚式であれば、昼でも身につけられるボリュームですので、雰囲気を考慮して取り入れてみてください。

ただし、昼間のフォーマルな結婚式では大振りで大きく揺れるものは目立つうえ、私たちより上の世代の人にとっては縁起的な意味でも受け入れられないケースもあるため、あくまで狙うのは「さり気なく」揺れるもの。
長すぎたり、ゴージャスすぎたりするものは避けて、小ぶりで華奢なピアス・イヤリングを選んでください。

耳たぶ以外は外すようにする

高品質な天然パールをあしらったフックピアス

身体にたくさんピアスホールがある人は、耳たぶにつけるようにしましょう。シンプルなピアスで下に視線を持ってくれば、ピアスをつけていないホールも目立ちにくいです。

結婚式は幅の広い世代が大勢集まる場ですので、誰もが不快に思わないファッションを心掛ける必要があります。私たち世代では常識になっているピアスでも、新郎・新婦の曾祖父世代には受け入れがたいという人がいるかもしれません。
新郎新婦どちらの親族とも気心が知れているような、特別な間柄でなければ、主張の激しいファッションは控え、ドレスやメイクなどでセンスを発揮してください。

他アイテムとリンクさせてまとまりを出す

高品質で艶のある輝きの3連パールピアス

ピアスとリングの素材を合わせた組み合わせがおしゃれな雰囲気。このピアスはパールにリズムがあり、お祝いムードを盛り上げてくれるデザインですし、ダウンスタイルでも髪にからまず、バランスも取りやすいボリュームです。
同じデザインのイヤリングもあるので、ピアスホールのない人でも着けられます。

他にもネックレスとイヤリングは、ぱっと見たとき同時に目に入るため、アイテムの素材や色味を揃えれば統一感が出ます。
定番のパールで揃えてもいいですが、他にもシルバーで揃えたり、珊瑚などの不透明石で揃えたりといった変化球もアリ。色石を使うならメイクやネイルとも合せるといったように、トータルでファッションを考えていくとおしゃれ上級者に近づけます。

逆に素材がバラバラだったり、金具の色が違っていたりするとまとまりがなくなってしまいます。もしも手持ちのアクセサリーと色味が揃わない場合は、アイテムの一方はボリュームをおさえるなど調整をして「バランス感」を意識しましょう。

ブレスレットの選び方とおすすめアイテム

袖なしのドレスはどうしても腕回りが寂しくなりがちですので、華奢なブレスレットで手元にほんのり色どりを添えましょう。選び方のポイントは時間帯によって変わりますが、基本的にNG素材を避けて華美になりすぎていなければOKです。

昼間の結婚式につけるブレスレットは後に記載するチェーンタイプもおすすめですが、少し外して細いバングルでもおしゃれです◎こちらはパールをあしらった繊細なデザインで、昼でも夜でもつけられます。 昼ならシンプルに、夜ならゴージャスに、近接する指輪やネイルなどとバランスをとってみてください。

華奢なチェーンタイプは昼間の結婚式に

1粒のパールと華奢なチェーンが特徴的なチェーンブレスレット

昼間の結婚式では豪華な宝石のついたものや、幅広のバングルタイプを避けて、細いチェーンの華奢なブレスレットを選びましょう。
写真のようにパールがついたブレスレットは結婚式に向いていますし、アクセントがあってシンプルになりすぎません。

大振りビジューは夜の結婚式に

夜の結婚式であれば、ゴールドの煌びやかなブレスレットもOK。ドレスやネックレスと色味を合せてトータルで浮かないコーディネートを心掛けましょう。

パワーストーンはマナー違反?

全周がビーズ状の丸い石でできたブレスレットは、結婚式にはカジュアルすぎますし、数珠のような印象を持たれてしまうため、フォーマルな場には不向きです。
カット石がチェーンで連なるようなタイプなら身につけられますが、ボリュームがありすぎたり、華美になりすぎたりするものは避けてください。
昼ならラピスラズリやターコイズなど不透明な石や、派手になりすぎない色味ものを、夜はガーネットやペリドットなどの華やかなタイプもいいでしょう。

指輪の選び方とおすすめアイテム

指輪をつけるなら、まずは結婚指輪や婚約指輪を検討してください。 結婚指輪や婚約指輪であればフォーマルな場でつけるのにふさわしいですし、デザインを気にする必要もありません。

ファッションリングをつけるなら、スカルモチーフなど場にそぐわないものは避け、素材も樹脂や木材などカジュアルすぎるものでなければOKです。

高品質な天然淡水バロックパールを使用したチェーンリング

パールの指輪は結婚式と好相性◎こちらは揺れるチェーンがアクセントになり、一本で手元に彩りを添えられる主役アイテムです。
指輪の重ね付けはバランスをとるのが難しいので、ひとつだけで絵になる指輪は結婚式だけでなく、あらゆるシーンで頼りになります

華美になりすぎないものを選んで

婚約指輪や結婚指輪以外は、ゴージャスになりすぎないように気をつけましょう。シンプルなパールの指輪などがおすすめで、大振りな宝石の入ったものや、ボリュームのあるシルバーリングなどは避けます。
メレダイヤが少し入った程度であれば、あまり目立ちませんので、細くてシンプルなものを選んでください。

婚約指輪は豪華なものが多いと思いますが、婚約指輪に関してはデザインに関係なく身につけられますので、堂々と身につけていきましょう。
ただし、自分の婚約指輪を進んで話題にしたり、見せびらかすような行為はマナー違反。婚約中に結婚式に参列する場合などは、友人に喜びを報告したくなりますが、結婚式が終わったあとのお楽しみにしてください。

繊細なドレスを傷つけないデザインがおすすめ

幅約2mmの華奢なリングが上品な印象のジルコンシンプルリング

レースのドレスやオーガンジーのショール、ストッキングなど、結婚式では繊細な素材の衣装を身にまとうことが多いもの。
立爪の指輪やひっかかりのあるデザインの指輪は目立ちすぎるだけでなく、あなたの大切な衣装を傷つけてしまう可能性があるため、写真のように指で触ってひっかかりが少ないものをつけておけば安心です。

ゴールドの指輪でも細いタイプで、デザイン的にもシンプルなら、さり気なく身につけられます。カラーが3色あるので、同じデザインのものを複数揃えておき、結婚式場の雰囲気に合わせてボリュームを調整するといった使い方も可能です。

複数つけるなら、ボリュームを考えて

シンプルなものを選んでも、組み合わせることでゴージャスになってしまうケースがありますので、指輪は一本の指につけるか、多くても2~3本の指にとどめましょう。
複数の指に組み合わせてボリュームが出すぎるなら、写真のようにシンプルなものを一本の指に重ねづけしてもおしゃれです。

繊細なデザインなので第一関節などにつけてファランジリングにしても目立ちにくいですし、セットなのでバランスよくまとまります。

あわせて読みたい

シルバーのように落ち着いたカラーだと、少し遊び心があっても悪目立ちしませんので、あなたのセンスを活かして上手に取り入れてみてください。

まとめ

結婚式のゲストが身につけるのにぴったりなアクセサリーについてご紹介しました。結婚式では革素材やアニマル柄、カジュアルな素材のアイテムを避けて、目立ちすぎないアクセサリーを身につけましょう。

ドレスやパーソナルカラーによって似合う色が違うので、華奢なタイプであれば金属の素材がシルバーかゴールドかはそこまで気にせず選んでOK。
どちらにしても、ボリュームがありすぎたり、思わず2度見してしまうような奇抜なデザインを避けていれば難しいルールはありません。

ドレスがシンプルなら、身につけるアクセサリーで印象がかなり変わるため、ネックレスやピアス、ブレスレットなどをトータルコーディネートするのもおすすめです。
上品でお祝いの席に似合う華やかなアイテムならプチプラでもかまいませんので、淡水パールやフェイクパールなども上手に取り入れて、ドレスに似合うアクセサリーを選んでくださいね。