おしゃれにパールネックレスを普段使いするコツ!コーデのポイントからおすすめまで

おしゃれにパールネックレスを普段使いするコツ!コーデのポイントからおすすめまで

今流行中のパールネックレス、普段使いを試してみたいけど、よそ行き感が出る…。おしゃれに着崩すにはどうすればいいの?

結論、パールネックレスをカジュアルに普段使いするなら、パールのサイズ感とネックレスの長さ選びがキモ!

今回は、結婚式につけるだけではもったいない、パールネックレスを普段使いする方法をご紹介します!

【1.2万人アンケート】パールネックレス普段使いしてる?

パールネックレス‗アンケート結果画像

ChooMiaの公式Instagramでアンケートを実施しました。

【総回答数(票):】
普段使いしている方:23%(13票)
普段使いしていない方:77%(44票)

パールネックレス‗アンケート回答

パールネックレスは、冠婚葬祭やお祝い事の時に使用するという方が多かった半面、「普段も使ってみたい」や「パールの種類による」といった意見も見られました…!

パールネックレスの普段使いはカジュアルに着こなす

淡水バロックパールマンテルネックレスをした女性

冠婚葬祭のイメージが強かったパールネックレスも今は昔。パールネックレスは養殖技術の向上により価格が下がり、気軽に普段使いできる時代になりました。

また、メンズパールの流行などもあり、トレンドとして取り入れる人が増加したことで、普段のコーデに合わせやすいパールが多く出回るようになりました。パールネックレスの旬とも言える今だからこそ、カジュアルなスタイルに合わせましょう!

ポイントはコーデのテイストとパールのサイズ感だよ!
具体的に解説するね!

カジュアルコーデに合わせれば脱・冠婚葬祭できる

パールネックレスはトレーナーやTシャツなど、カジュアルなファッションと合わせて身につけると、気合を入れたよそ行き感が薄れたトレンドな着こなしになります。

逆に、白やグレーの連パールをシンプルな黒のワンピースなどと合わせてしまうと、急にお葬式の空気を纏いますので、カラーパールを投入してパールのほうをカジュアルにしてもOKです。

オフィスカジュアルなら上品な重ねづけもハマる

オフィスカジュアルならパールネックレスとチェーンネックレスの組み合わせも上品にまとまります。

パールでシンプルな服装がパッと華やぐので、仕事終わりの女子会コーデまでカバーできてGOODです♡

シンプルコーデに1点投入でグッと華やかに♪

シンプルな服装が多い人は、普段のコーデにパールをプラスするだけで垢抜けコーデの完成です。

いつものスウェット、いつものシャツも、パールを合わせた瞬間、そこはかとない色気を纏うのが不思議。パールだからと気負わずに、普段のネックレスを選ぶ感覚で毎日のコーデに合わせてみてください。

カジュアルさの中に品の良さが出て、いつもの毎日を少しだけ特別な気分で過ごせますよ。

普段使いしやすいパールネックレスの選び方

半月モチーフプレートパールネックレス

流行に左右されず普段使いしやすいのは、一粒パールネックレスです。現在流行中の連パールなら、小粒のものを選んでナチュラルに着こなしましょう。

アレンジしやすいよう、長めのものを選ぶのもおすすめです。

普段使いのパールは小粒が合わせやすい

年齢によって微妙に変わるものの、冠婚葬祭に使うパールは8mm前後のものが多いです。

パールを普段使いする場合、8mmより小さいパールを選ぶとカジュアルに着こなせます。

また、パールの色味で雰囲気を変えてみるのもおすすめ。小粒のカラーパールなら、流行を押さえつつ人とかぶらないおしゃれが楽しめます。

連パールは7ミリ前後のものか5ミリ以下のベビーパールがカジュアル

珠が大きい連パールをカジュアルにコーディネートするのはテクニックが必要。7mm前後の少し小さなパールを使ったネックレスなら、洋服ともバランスが取りやすくおすすめです。

ベビーパールのロングネックレスは、ドレスにもカジュアルにも映えます。

バロックパールならよりカジュアルで、重ねづけをするにもちょうどいいボリュームです。

一粒パールは7ミリ前後が使いやすい

丸い一粒パールのネックレスなら7mm前後が服のデザインを問わず身につけやすいボリューム。アジャスターで長さに幅をもたせると、より着回し力がアップします。

バロックパールのように、パールの個性を楽しむネックレスはあまり大きさにこだわらなくても大丈夫です。

大きめのパールならネックレスは長めを選んだほうがバランスは取りやすくなります。

少し長め~ロングパールならアレンジしやすい

ロングの連パールは、アレンジの幅が広いので持っておくと便利です。そのままロングパールとして身につけるスタイルに加え、2重や3重にしてつけると無地のワンピースなども一気に華やぎスタイルに。

プリンセスのような短い連パールよりもカジュアルになり、かしこまった感じがしないので、あらゆるタイプの洋服に馴染みます。

馴染ませやすいカラーを選ぶ

ガラスパールボールネックレス

パールは定番のホワイト系以外にも、色々なカラーのものが出回っています。普段のファッションや肌の色に合わせたものを選ぶことで、よりまとまりのいいコーディネートになりますので、選ぶ基準を見ていきましょう。

肌の色に合うカラーを選ぶ

洋服のコーディネートやメイクの選び方でよく耳にするパーソナルカラー。パールもパーソナルカラーに合わせて選べば、肌馴染みがよく、血色もよく見えます。

ピンクやブルーのパールもありますし、ホワイトの中でもブルー系・イエロー系・ピンク系と色合いに違いがあるため、あなたの肌の色に合うカラーを選びましょう。

パーソナルカラーについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい

よく着るトップスの色と合わせる

好きな洋服の色が偏っているなら、服の色に合うパールを選ぶのもおすすめ。

無彩色の服が多い方は、ゴールド系かシルバー(グレー)系のパールが合わせやすいです。

また、胸元の空いた服やシャツに合わせることが多い方は短め、冬服用なら長めなど、服のシルエットに合わせやすい長さにしておくのもいいでしょう。

普段使いするパールネックレスは高価なものでなくてOK

連淡水パールステンレスネックレス

パールは有機質宝石といって、生物由来の宝石ですので、丁寧にお手入れしていても金属や無機宝石より劣化の早い素材です。

そのため、普段使いするものは数年おきに買い替える前提で、手に入れやすい価格のものを選ぶと気負いなく身につけられます。

お手入れ次第でパールの劣化速度は変わるため、普段からパールのお手入れに慣れておけば、数万〜数十万円する一生もののパールの取り扱いも上手になりますよ。

淡水パールのネックレスは安価でおしゃれ

淡水パールは海洋パールよりも生産コストが低く抑えられるため、比較的安価で手に入ります。海洋パールのように丸いものから、バロックタイプ・ライスやドロップ型など、個性的なネックレスが見つかりますので、カジュアルに身につけるのにぴったりです。

ある程度の品質の淡水パールは数千円から見つかりますが、中には汚れていたり、真珠層がはがれていたりするものを売るお店もあるため、実物をチェックできない場合は信用できるお店で買うようにしてください。

淡水パールの多くは海洋パールよりも汗や水に強いので、少しでも長持ちさせたい人にもおすすめ。

冠婚葬祭用には海洋パールネックレスが定番

淡水パールは近年まで真円に近いカタチを出すのが難しかったため、冠婚葬祭でつける昔ながらのパールは海洋パールが多いです。

今は丸い淡水パールも多く出回っており、フォーマルな場で身につける人も増えているようですが、格式の高い結婚式などは注意が必要。

もし冠婚葬祭用のパールと普段使いパールを兼用したい方は、海洋パールのように真円に近いカタチのものを選ぶようにしましょう。

また、カラーもフォーマルシーンで身につけやすい色を選んでください。

安価なネックレスでも本物のパールを身につけるのが上品見えのコツ

淡水バロックパールショートネックレス

大人は明らかにフェイクとわかるコットンパールなどの「パール風ネックレス」は避けるのが上品見えの近道

たとえば、コットンパールを身につけるならフェイクパールとしてではなく、リアルパールだと表現できない大きさのものや、ピアスなど軽くしたいアイテムに利用するなどメリットを活かしてつけるのがベターです。

デザインが気に入ったけどフェイクパールを使用しているといった場合は、なるべく高品質なものを選びましょう。とくに、プラスチックパールやガラスパールは塗料や仕上げで高見え感や上品さが大きく変わります。

フェイクパールの中でもなるべくいい仕上げや素材のネックレスなら、問題なく身につけられます。

淡水パールなら安価でも本物のパールが手に入ります

連パールなどはとくに本物を身につけるようにして、大人のおしゃれを格上げしてください。

大人の女性はプラスチックパールを避ける

プラスチックパールは、お手入れいらずという点では本物のパールより気軽です。ただ、質の悪いものはすぐに塗料がはがれ、光沢がなくなってしまいます。

そのため、連パールのようにパールを複数使っているデザインのものは、塗料の剥げた箇所が目立ち安っぽい印象に。

プラスチックパールはなるべく避けて、利用する場合は質のいいものを身につけるようにすれば大人の品格を損ないません。

淡水パールは意外と長持ちする!

無核の淡水パールは海洋パールに比べて真珠層の巻きが厚いぶん、汗や水分に耐えられるため長持ちします。

最近は核のある淡水パールもあるので一概には言えませんが、海洋パールよりは劣化に強いため、普段使いするのに好都合なパールです。

淡水パールについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

普段使いのパールネックレスは重ねづけやアレンジでカジュアルに

淡水パール×ライスチェーンステンレスネックレス

パールネックレスを普段使いするなら、チェーンネックレスや小ぶりなパールネックレス同士の重ねづけも楽しんで。フォーマルではあまりしないような組み合わせで着崩すことで、垢抜け間違いなしのコーデになります。

パール以外にアクセントのあるデザイン

パールだけのかしこまったイメージが合わないときは、パール以外にアイキャッチがあるネックレスで、カジュアル感を出して

パールとチェーンを組み合わせたデザインや、パールとストーンを合わせたデザインのネックレスなら、デザインの一部としてパールを楽しめます。

定番連パールは重ね付けする

連パールは、重ねづけするだけでもカジュアルな印象になり、普段使いしやすくなります。パールを重ねてもチェーンと合わせても今っぽくなるので、お気に入りの組み合わせを考えてみてください。

連パール同士を重ねづけする場合は珠の大きさをバラバラにして、少し崩したコーデにするのがおすすめ。素材で統一感を出しているので、ちぐはぐな印象にはなりません。

ロングネックレスは2重、3重でつけてもOK

ロングネックレスをそのままの長さでつけるのも素敵ですが、マフラーのように2回巻き、3回巻きにして首元にボリュームを出すのもGOODです。

コーデに合わせてアレンジできるので、ロングシーズン楽しめます。

カジュアルな襟元にはあえて上品なパール

バロックパールマンテルネックレス

スウェットやTシャツなど、カジュアルな服にあえてパールを合わせるのが今の気分。今までの常識から外れミスマッチを楽しむのが正解なので、パールの品質にはこだわりましょう。

とはいえ、高価なものではなくてもかまいません。

プチプラ淡水パールでも真珠独特の照りがあるネックレスは見つかります。

普段使いするパールネックレスのお手入れ方法

淡水パールステンレスチェーンネックレス

パールは他の宝石に比べて劣化しやすい素材ですが、お手入れをすれば長持ちさせられます。お手入れ方法は難しくありませんので、普段使いするパールも身につけた後にお手入れする習慣をつけましょう。

とくに夏場は念入りにパールネックレスのお手入れをする

パールは汗や酸に弱い素材です。そのため夏場はとくに注意が必要で、なるべくパールが直接肌に触れないように気をつけてください。

そうはいっても夏は薄着。シャツなら襟でカバーできますが、Tシャツだと難しいため、帰宅後はなるべく早く外し、汚れを落としてから保管するようにしましょう。

普段のお手入れは軽く拭く

パールは基本的に水洗いしないため、汚れを落とす際はやわらかい布で拭いてください。

パールを拭くための磨きクロスを他のアクセサリーと兼用する場合、研磨剤などの薬品が入っているものは厳禁です。パールのツヤ出しに特化した専用のクロスもありますので、長持ちさせたい方はパール用にクロスを一枚用意しておくといいでしょう。

パールネックレスは糸替えが可能

淡水バロックパールマンテルネックレス

連パールのネックレスは専用の糸にパールを通しているため、糸が劣化して千切れるケースがあります。そのため、数年ごとに糸替えをしておくと安心です。

真珠の専門店や有名ブランドで購入したパールの場合、お店に持参すれば糸替えを依頼できます。ジュエリーの修理を受け付けている工房やデパートなら、他店で購入したパールでも対応してくれるので問い合わせてみてください。

糸替えは自分でもできますが、パール一粒ごとに結び目を作るオールノットでキレイな糸替えを、となると技術を要する作業です。お気に入りのパールネックレスは数千円で専門業者に糸替えを依頼してもいいでしょう。

技術のある職人さんに糸替えをお願いすれば、パールの動きがなめらかで、肌に沿うネックレスになります。

ネックレスの耐久性を求めるなら淡水パールがおすすめ

長時間つけることが多い人や、汗っかきな人などは、パールを身につけるのに抵抗があるかもしれません。前述のように淡水パールは海洋パールより環境変化に強いものが多いため、耐久性を求めるなら淡水パールがおすすめです。

耐久性があるとはいえ、紫外線や温度変化、汗などの水分に気を払う必要はありますが、少しでも長持ちさせたい場合は淡水パールを試してみてください。

シーン別おすすめパール

5連淡水パールチタンネックレス

オフィスや普段着、軽い女子会など、シーン別におすすめなパールをご紹介します。プチプラなパールネックレスは気分やシーンに合わせてパールを気軽に楽しめるため、何本か揃えておくのもおすすめです♡

カジュアルスタイルにおすすめなナチュラルパールネックレス

淡水パールの輝きが美しく、上品で華やかな印象のネックレス。

ちょっぴり個性的なチェーンとの組み合わせがカジュアルで、普段使いにぴったりなネックレスです。ベーシックにレディなファッションに合わせてもいいですが、スウェットなどに合わせるのが今の気分。

連パールほど主張しないため、ラフにつけこなすのにピッタリです。

上品スタイルにおすすめな上品パールネックレス

淡水バロックパールをふんだんに使った大人上品なネックレス

連パールでありながら、不揃いな形がほどよくカジュアル感を醸し出しすネックレスです。ゴールドのマンテル金具がカジュアルとの距離感を保つポイント。上品さを保ちながらも丸く整った連パールほどお行儀がよすぎず、普段着から女子会用のちょい上品なスタイルまで幅広いシーンで身につけられます。

オフィススタイルにおすすめな大人可愛いパールネックレス

上品かつシンプルなデザインのネックレス。

ノットデザインでパールに個性をもたせたデザイン。シンプルな一粒パールのように同僚とかぶることもありません。

ラッキーモチーフでもあるノットと、女性のお守りともいわれるパールの組み合わせなら、気分の乗らない月曜日も素敵な1日へと導いてくれるはず。

シンプルスタイルにおすすめな華やかパールネックレス

小粒な天然淡水パールが特徴のビーズチェーンネックレス

パールとゴールドの輝きを同時に味わえる贅沢なネックレスです。煌めくボールとやさしいパールの組み合わせが華やかさと上品さを併せもち、シンプルファッションが一気に垢抜けます。

ホワイトパール×ゴールドの最強コンビは、クールなワントーンコーデのアクセントにもぴったりです♡

普段使いパールネックレスについてのQ&A

パール×ボールビーズネックレス

パールを普段使いしたい人によくあるギモンをまとめました。年齢ごとのパールの選び方や、パールの普段使いについてのよくあるお悩みについて解説します!

年代によって似合うパールネックレスは変わる?

一般的には若い世代には小さめのパール、年を重ねるほど大きめのパールが似合うといわれています。

とはいえ似合うパールには体型やファッションなどの要素も大きく影響し、個人差があるため、20代におすすめなパールが似合う50代の方もいるでしょう。

年代別に似合うといわれるパールをつけてみてもしっくりこなければ、あまりこだわらず大きいもの、小さいものを試してみてください。

年代別に似合うネックレスについては、こちらに詳しく解説しています。

30代
https://choomia.com/blogs/choomia-magazine/30s-accessories-everydayuse

40代
https://choomia.com/blogs/choomia-magazine/40s-accessories-everydayuse

50代
https://choomia.com/blogs/choomia-magazine/50s-accessories-everydayuse

パールネックレスを普段使いするのはダサい?

淡水バロックパールマンテルネックレスをした女性

パールネックレスの普段使いは流行中のスタイルで、コーディネートに取り入れている人を多く見かけます。

そもそもパールの普段使いは気鋭のファッションデザイナーに端を発する流行で、誰よりもファッションに敏感な人がいいと思っている使い方なので、普段使いすること自体がダサいことはありません

昔ながらの固定観念が抜け切らない人には、違和感のある組み合わせに思えるのかもしれませんが、ダサいかどうかはあなた自身の感性で決めること。

とはいえ前例が少ないため、相性の悪い組み合わせだと自分のセンスに合わないと感じる人もいるのでしょう。ダサくなってしまうのは合わせ方の問題と言えます。

この記事を参考に、おしゃれな組み合わせを楽しんでくださいね。

フォーマルにも使えるパールネックレスは?

フォーマルな場で身につけるパールネックレスは連パールが基本です。フォーマルといっても格式によってはバロックパールでもOKな場合がありますので、他のゲストの雰囲気などによって使い分けるようにしてください。

無難にまとめたいなら、連パールを選んでおけばまず間違いはありません。

ハイクオリティーなパールが欲しいけど高すぎる…

パールの価格には幅があり、クオリティの高いものを買うには勇気がいります。価格はパールの質のほか、珠の大きさやブランド料などが含まれるため、妥協できる点・できない点を明確にして、納得のいくお買い物をしてください。

鑑定書つきのパールについても、ダイヤモンドほど明確な基準は存在しませんし、経年劣化する素材なので参考程度と考えておきましょう。

金額が高くなくとも、パールのもつ色味や輝きを手軽に楽しめる安価なパールは多くあります。パールフェアやジュエリーフェアなど多くの商品が集まるイベントに行き、根気よく探せば納得のいく品質のネックレスが見つかるかもしれません。

パールネックレスのおすすめブランドはある?

パールは、ぱっと見てブランドがわかるようなデザインは少ないため、ブランドを選ぶ際は品質やアフターケアなどのサービス面から選ぶのがおすすめです。

日本は養殖パール発祥の国なので、老舗のパールブランドが多くあります。日本製にこだわるなら、安くはありませんが、誰もが耳にしたことのある有名ブランドから選ぶのもいいでしょう。

歴史のあるブランドは品質に安心感がありますし、アフターケアの相談もしやすくなります。

ただ、ノーブランドでも質のいいパールは多くありますので、品質をある程度保ちつつ金額を抑えたいなら、パール専門店などで相談してみましょう。

パールの取り扱いに慣れるためにも、まずはプチプラで試してみるのもおすすめです。

大人のための高見えアクセサリーブランド
- ChooMia(チュミア) -

  • 金属アレルギー対応アクセサリーが豊富!
  • 全国TV/人気雑誌掲載など今SNSで話題!
  • 新規会員登録で全商品15%OFFに!